上等なものですから使わせたい

私が生まれたばかりの頃、祖父母が私の為にお雛様を買ってくれたそうです。しかも7段のかなり上等なものです。
なので子どもの時はひな祭りが近づくと母と一緒に7段を組み立てたものでした。

物凄く楽しかった記憶があります。
部屋の一角をお雛様は占領していて、その横で雛あられを食べていました。

そんなお雛様も時期に出さなくなって来る日が来ます。私が大人になったのです。お雛様は押し入れにずっと眠っています。

散々お世話になったというのに大人になったからといってお蔵入りは申し訳ないですよね。
しかも上等なうえにひな祭りの時期しか出しませんから状態も綺麗なんですよ。

ということで、このお雛様もう少しお世話になろうと思います。娘に使わせてもらうんです。